お産のきろく3

へその緒がつながったまま抱っこした。
娘のときより小さく感じた。
腕の中でお腹の中にいた時のような格好でまるっこくなって、
そのまますやすや眠っているようだった。
赤ちゃんの肌は抱っこしていると熱く感じた。
つるつるしていてふにゃふにゃのようでどっしりしていた。

赤ちゃんにタオルをかけて、ときどきお湯を掛けながら
体が冷えないようにしていた。

すぐよこに布団は敷いてあるけれど、
立ち上がっての移動は大変なように感じた。
それでもだんだんお湯も冷めてくるので、両脇を抱えてもらって、
慎重に移動した。

布団に移動して、すぐ後産があった。
力を入れるとするっと出てきた。
胎盤をボールに入れて、私と赤ちゃんが寝ている横におく。
まだへその緒は繋がっている。
そのまま2時間ほど、布団に横になっていた。

赤ちゃんの口をおっぱいの近くにやってみる。
少しの間、おっぱいを吸っているようだったけれど、
そのうちぐうぐう寝てしまった。

私は何か口にするようにDebbieが勧めてくれて、
昼間買っておいたぶどうとすいかを用意してもらった。
一口ごとに体にしみわたるようだった。
DebbieとLaceyにも母がコーヒーを入れ、
昼間焼いたスコーンを付けて出した。
彼女たちはてきぱきと後片付けをしたり、
iPadでなにかを記録していたり、
静かで穏やかな時間が流れた。

一階ではしげくんが娘を見ている。
12時を過ぎ、もうずいぶん眠いと思うけれどまだ起きていて、
ぐずぐずする声が聞こえてきた。
娘にとってもハードな一日になった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中