お産のきろく4

赤ちゃんが産まれて2時間以上経ち、
いよいよへその緒を切る事に。
脈々としていたへその緒は硬く萎んでいた。
しげくんが助産師に促されて切る。
娘もその様子を見ていた。
赤ちゃんと離れた瞬間は長かった赤ちゃんと繋がっていた時間を思うとあっけなく感じた。

布団の上においても赤ちゃんは静かに寝ていた。
その間に、私は会陰の傷の処置をする。
アメリカでは助産師が局所麻酔も使って、縫合もできるらしい。
麻酔を使ったので、縫合の痛みは感じなかったけれど、
麻酔の注射が痛かった。処置の間、Laceyがずっと手を握っていてくれた。

その後、Laceyが赤ちゃんの様子をくまなく確認する。
少し泣いたけれど、優しい声かけでまた静かになる。
体重は3688g。

私はトイレに行って戻るだけで、ほんの数歩なんだけど、
絵に描いたような立ちくらみと息切れあり。ひどい体力の消耗だ。
一人目の出産より、陣痛の時間も短かったし、
そんなに疲れている気がしていなかったのに…。

助産師と次のアポイントの確認をして、深夜2時半ごろに二人は帰っていった。
お布団を一式追加して、産まれたばかりの赤ちゃんと4人で並んで就寝。
娘はまだ興奮さめやらぬか、絵本を読んでもすぐには寝なかった。
翌朝は、ずいぶん明るくなってからみんな起きる。
太陽の日差しがブラインドの隙間から入り込む、美しくて、嬉しい朝。

自宅出産を選んでよかった。
ここ海外での出産は夫しか頼れる人がいないし、
検診から出産準備まで、一人では出来なかったと思う。

幸い、私たちは家族で楽しみながら準備できたし、
なにより毎回の検診を夫と娘も一緒に受けられたことが本当に幸せだった。
住み慣れた家で産むことができて、何のストレスも不安も感じなかった。
娘にも赤ちゃんが家族に加わることが自然なこととして受け入れてもらえたんじゃないかと思う。アメリカでの出産、あきらめずに自分のやりたいことを求められて本当に良かった。

広告

お産のきろく3

へその緒がつながったまま抱っこした。
娘のときより小さく感じた。
腕の中でお腹の中にいた時のような格好でまるっこくなって、
そのまますやすや眠っているようだった。
赤ちゃんの肌は抱っこしていると熱く感じた。
つるつるしていてふにゃふにゃのようでどっしりしていた。

赤ちゃんにタオルをかけて、ときどきお湯を掛けながら
体が冷えないようにしていた。

すぐよこに布団は敷いてあるけれど、
立ち上がっての移動は大変なように感じた。
それでもだんだんお湯も冷めてくるので、両脇を抱えてもらって、
慎重に移動した。

布団に移動して、すぐ後産があった。
力を入れるとするっと出てきた。
胎盤をボールに入れて、私と赤ちゃんが寝ている横におく。
まだへその緒は繋がっている。
そのまま2時間ほど、布団に横になっていた。

赤ちゃんの口をおっぱいの近くにやってみる。
少しの間、おっぱいを吸っているようだったけれど、
そのうちぐうぐう寝てしまった。

私は何か口にするようにDebbieが勧めてくれて、
昼間買っておいたぶどうとすいかを用意してもらった。
一口ごとに体にしみわたるようだった。
DebbieとLaceyにも母がコーヒーを入れ、
昼間焼いたスコーンを付けて出した。
彼女たちはてきぱきと後片付けをしたり、
iPadでなにかを記録していたり、
静かで穏やかな時間が流れた。

一階ではしげくんが娘を見ている。
12時を過ぎ、もうずいぶん眠いと思うけれどまだ起きていて、
ぐずぐずする声が聞こえてきた。
娘にとってもハードな一日になった。