お産のきろく2

どのタイミングでお湯につかろうか。
検診のときに助産師に聞いてみても「いつでもいいわよ」、
という感じだったので、そのときになってでいいかと思っていた。

陣痛の波が大きくなってきて、
これ以上強くなると動けなくなりそうだったので、
お湯につかろうと決めて、入る前にトイレにいった。

お湯につかった瞬間、陣痛の痛みが消えた。
それから2回だったか、3回だったか、陣痛の波はうそのように軽くて、
このまま陣痛が遠のいたりしない?と心配して聞いたほど。
この間に随分体を休められた気がする。
そのあとの波はすごかった。

Laceyが骨盤を両側から押さえてくれると痛みが和らいだ。
しげくんにも押さえる場所を教えてくれて、
陣痛の波がくるとプールの両側から二人で押さえてくれた。

深く呼吸をすることに意識していたつもりだったけれど、
あまりの痛みでそれを忘れるほど。
今まで出した事の無いような声を出した。
少しだけいきむと痛みが逃れるようだった。
それでも陣痛の合間には、誕生日は30日かな、31日かな、なんて
話す余裕もあった。そのときで11時頃だった。

娘は母と1階と2階を行ったり来たりしていた。
陣痛が強まる中、あぁこの子もいるんだから大丈夫だ、と思った。
だんだん娘の顔がこわばってきているようだったけれど、
私の腕をしっかりつかんでいた。
近くにいてくれて心強かった。

だんだんと陣痛の痛みがいきみたいような感じに変わってきて、
助産師はあなたの好きにしていいというし、
流れにまかせようと思った。
体のなかから出てくるものを感じ、
押さえきれなくなって、2、3回力が入ったと思ったら、
熱いものがぬるんと出てきた。
Debbieが赤ちゃんをすぐに私のおなかの上においた。
赤ちゃんは腕の中で2度、おぎゃーおぎゃーと泣いたかと思うと、
そのあとすぐ静かになった。

11時38分だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中