日月潭の歌

台湾5日目。長青村でのんびりした一日を過ごす。

ご老人が書いているのは「日月潭の歌」

 おぼろにかすむ山と水
 舟は巡りて 里遠し
 日月潭の春淺く
 緑とけこむ舟の中

どんな人がどんな想いでうたった詩だろうか。

彼が通った鳥牛欄工学校の先生は、
日本から1ヶ月掛けてここまで来たんだそうだ。
つい、60年ほど前の話。

18才のとき、2年間日本軍に所属し、特攻隊の飛行機の整備をしていた。

長青村の農園にはたくさんの野菜やフルーツが生っている。
いい具合に熟したドラゴンフルーツを収穫した。

夕方には友人が今年幼稚園に通いだしたかわいい女の子を連れ
遊びにきてくれた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中