ホタルノヒカリ

今夜の珍客。かれこれ一時間そこにそうしています。
雨宿りかな。 このごろ 毎晩 顔を見せてくれる、愛い子。
 
ゲンジボタル
 
もうちょっと暑い季節になると、少し体長が小さめのヘイケボタルが顔を出します。
ゲンジとヘイケ、ちょうどうまい具合にできている。
 
 
 
ホタルを見ると、ときどき思い出す出来事がある。
長野・黒姫のホタル。車のライトを消すとあたり一面に広がるホタルのヒカリ。
今もあの光景が記憶に残っている。
 
それから、ラオスの小さなゲストハウスに滞在していたときの出来事。
周辺の田んぼの上にはホタルが舞っており、静かな夜でとても幻想的な風景だった。
 
宿泊客はわたしと旅仲間と二人。
 
庭のベンチで食事をしていると、ホタルが不意に近づいてくる。
オーナーのおじさんはそのホタルを蚊やハエでも叩くように次々にやっつけていく。
あっけにとられてしまった二人。
 
日本ではきれいな川の象徴とされ、各地でホタル祭りが開催されるほど。
ホタルをそんな風に故意に殺したりはしないだろう。
(ちなみに故意にというのは、知らないうちに生態系を壊してしまうことは含まない。)
 
ラオスではホタルは当たり前にいる昆虫のひとつだろうか。
当時、通りすがりの旅人としては、その人がどうしてそうするのか深く知ることはできなかったが、
なんにしろ、カルチャーショックのひとつだったことは間違いない。
 
でもよくよく考えてみて。ホタルの命、蚊の命、どっちが重い?
軽い命なんてほんとはないんだ。
 
それでも私は今夜も雨宿りの蚊と格闘するのだ。
 
 
 
 

Hakarame

友達から屋久島のお土産にいただいたもの。
The friends souvenir from Yakushima.
 
Hakarame
 
 
 
最近の朝の日課は、はからめの観察から。
 
日当たり、風通しのよい場所、それと水が少しあれば、
小さな芽が今朝もまたひとつ。
大きく成長して、葉がたくさんついたなら、
また 誰かにプレゼントしよう。
 
思いは人から人へ伝わっていく。
 
そうか、これがはからめか。
 
 
My recent morning routine is to observe the Hakarame.
 
Sunny, airy place, if there is little water also,
One small buds again this morning.
 
Has grown, which leaves is a lot,
I will present to someone again.
 
The heart from person to person.
I see, This is Hakarame.

 

 
 
 
 
 
 
 

今宵ホタルとフリースと

部屋でぼんやり読書。
高山なおみさんの「チクタク食卓」。
彼女の空気がとても好きです。
気張らない日々のごはん、見習いたい。
 
 
ふと窓の外を見ると、ホタルの光。
 
部屋の明かりでも消してみようか。
いやいや、そんなにたくさんは見えません。
 
まだキャンプの囲炉裏のにおいがかすかに残るフリースを着て、
夜の散歩に出かけてこよう。
 
 
I read the book dimly in the room.
"Ticktack table" by Takayama Naomi.
 
I like her air very much.
I want to learn her natural dish of every day.
 
The glow of a firefly, outside the window.
 
Let’s turn off the light of the room.
Woops! it doesn’t see a lot so much.
 
I go a moonlight stroll putting on the fleece
which the smell of the hearth in the camp still faintly remains.
 
 
 
 

Snowball

 
Snowball
 
We started the application for Taiwan Tour.
 
またたび企画第一弾、台湾ツアーの募集を開始しました。
締め切りは5月末ごろ。(航空券が安いから)
一緒に旅する仲間、募集してます。
 
Click →またたび企画