10年目の123

【 10年目の123 】 -あなたの吉野川 第十 ~ 流域 ~ 民主主義―
 
住民が動き、地域を変えれば、国も変えられる。
この新しい時代への扉を開けたのは2000年の吉野川の住民たちだった。
 
あれからもう10年、
いよいよ国の河川政策に大きな激動期が訪れている今、
私たち住民は観客席にいるのではなくて、
もういちどグラウンドにおりよう。
 
可動堰計画に最後の幕を引き、ふるさとの川や地域が
蘇っていく道をともにつくるために。
 
とき   1月23日(土) 午後1時~4時
ところ  徳島県教育会館 大ホール
     (徳島市北田宮1-8-68 TEL088-633-1511)
 
内容は・・・
 
     オープニング
  
     ≪第1部≫ 講演とフリートーク
     講演1 五十嵐敬喜 『2000年の徳島 いま動き始める日本』
     講演2 岩屋隆夫 『吉野川フィールドミュージアムの実現に向けて』
     フリートーク 『川の未来を想う』
            近藤正臣×野田知佑×大熊孝  進行 姫野雅義
 
     ≪第2部≫ 流域へ
     報告 『吉野川の今を切り撮る』
     加藤登紀子と川の世界
 
     川ガキたち
     「川の学校」で学んだ子供たちも、
     すっかり大きくなりました。01~09年の卒業生たちが、
     加藤登紀子さんと一緒に歌ってくれます。
 
 
参加費 前売り 1,000円 (高校生以下は当日券とも500円)
      当日券(1,200円)は会場にて販売。
 
主催   「10年目の123」実行委員会
 
問い合わせ、チケットのお申し込みは・・・
     TEL・FAX 088-612-9200(吉野川みんなの会)
     E-mail: office@daiju.ne.jp
     TEL 088-626-3436(自然スクールトエック)
     最新情報はブログ[10年目の123]で更新中!
 
チケット取扱所 
     小山助学館(徳島駅前)、紀伊国屋書店(そごう徳島)
     平惣(徳島県内全店、書店のみ)
 
 

 
いつも川を見ていました。
水の上にカヌーで浮かんでみたり。
同じ目的地でも、少し遠回りでも川の近くを通りたいと思ったもんです。
水の流れ、空と川、植物、集まる鳥たち。本当にきれい。
もっと川のことが知りたい、そう思ったら、川を守っている人たちに出会いました。
 
この「10年目の123」に賛同していただける方、
呼びかけ人を大募集中です。
 
ひとつでも出来そうな方はもうすでに呼びかけ人。
 
◆ひとりでも多くの人に声をかけます。
◆年賀状に呼びかけシールを貼ります。
◆チラシを置いてもらえるお店をみつけます。
◆チケットを置いてもらえるお店をみつけます。
◆カンパします。
 
などなど。
 
家族でも友達でも恋人でも、あたなの大切な人から声をかけてみよう。
徳島に住んでる人もそうでない人も。
気軽に連絡してくださいな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中