寒霞渓

この間の週末、小豆島に行ってきた。吉野川自然教室の仲間であるぐっちの故郷だ。
 
ここに現在の小さなダムを飲み込むような形で新内海ダムを建設する計画が着々と進んでいる。
その大きさは高さ42m、横447m。現在の8倍もある巨大なダム。

 
”寒霞渓の自然と共に生きる会”の山西さんから話を聞く。
 
ダムを建てるには、それと同じ分だけ地下にコンクリートの壁を作る必要がある。
県は川の氾濫や水不足から地域を守るというが、過去にあった水害はここの川じゃない・・・。
今でも井戸水で十分であるこの地域に、わざわざ水道を通す必要があるのか。
 
ダム下流の家からコンクリートの壁までの距離は100mにも満たないのでは。
巨大なコンクリートを背に暮らす、その恐怖はいかばかりか。
 
 
展望台から見下ろした寒霞渓と内海湾。
 
鮮やかに色づくもみじの葉。
 
 
内海湾。朝。ぐっちの実家から徒歩30秒。小さなプライベートビーチ。やさしい波音。
 
 
 
伝統的な作り方を守っている丸島醤油さん。おすすめ。
 
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中