台湾のこと

6月7日から一週間。台湾行きが決定しました。
去年の2月以来だから。約1年と4ヶ月ぶりです。
 
1999年9月21日の台湾震災から10年。
あれからほぼ毎年、台湾に行っています。
台湾はわたしのもうひとつの故郷のような、
色んなことを勉強し、楽しませてもらった大事な場所です。
台湾があるから今の私がいるんだ。
 
今回は、仕事で行くので、あんまり自由な時間はないけれど、
それでも台湾の空気を吸える。
 
捕里のりえさん一家、中正村のおばあちゃんに会ってこようと思っています。
元気かな。お土産何にしようかな。早く会いたいな。わくわく。
和平にも霧社にも行きたいなぁ・・・。台湾に着いたら電話しよう。
 
最近、荷物の整理をしていて、あの頃(台湾の震災ボランティアをしていた頃)の
日記や写真を見つけました。初めて台湾の地を踏んだ日のこと、
地震の凄まじさを肌で感じ震えたこと、被災者の方の優しさや辛さを知って、
涙止まらなかったときのこと、バンブーハウスを作ったこと、仲間のこと、色んなことが思い出されます。
 
捕里は震源地に近い、台湾のちょうど中心に位置する街です。
紹興酒の工場や大きな寺院が立ち並ぶ、台湾有数の観光地。
10年経った今、震災の面影はすっかり消え、
新しいビルや道路や(あ、高速道路なんかも出来てます)すっかり見違えました。
観光客もたくさん。賑やかな街です。
 
時とともにすっかり地震のことは忘れ去られたかのようですが、
こうしてあの頃出会った人たちと繋がっていられることが嬉しいです。
 
台湾に恩返ししないとなぁ。
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中